留学に行って気付くことや語学学習について

私はヨーロッパのドイツに留学に行きましたが、留学へ行ったことによって新たに日本の良さを知ることが出来ました。普段、日本で生活していると当たり前に感じることが海外では当たり前でははなくなります。1番はサービスの良さです。お客様のことを1番に考え、気を配ってくれるのは何をつけてもアバウトな海外とは違います。私はドイツ以外も旅行で訪ねた国はいくつもありますが私が訪ねた国の中でドイツは比較的サービスも充実していましたが、日本には遠く及ばないと感じました。さらにドイツで出会った外国人の友達で日本に来たことがある子がいましたが、その友達も日本のサービスや店員の対応について素晴らしいと言っていました。なのでサービスの良さは私が日本人の感覚だからというのではなく、外国の人が受けても気持ちよく感じるものなのです。またドイツで出会ったブラジル人の友達は日本は素晴らしい国なのにわざわざドイツまで来る意味が分からない、日本は全てが素晴らしい国だ、と言ってくれました。自分の国がこんなに褒められることがとても嬉しかったと同時にとても母国を誇らしく感じました。日本にずっと住んでいると間違いなく感じることが出来なかったと思います。次に語学についてですが、日本人の語学力の低さに驚きました。私はドイツに留学し、最初は英語でコミュニケーションを取ろうとしたのですが驚くことにヨーロッパの人たちは英語が喋れる人が多いです。こんなに多くの割合で英語が通じることは日本ではないと思います。おそらく日本の学生は英語の文章を読むことは出来ますが、その英語を話す、聞くといった能力が海外に比べると極端に低いと思います。いくら英語が読めたり書くことができても話したり聞いたりできなければ実際にはなんの役にも立ちません。中学校、高校、大学と何年間も英語を学習する機会がある日本人が未だに英語が話すことが出来ない人が多いのは問題だと思います。難しい単語をたくさん勉強するよりも話したり聞いたりする機会を増やすことが実際に使える語学を身に付ける1番の方法だと思います。その意味でも、留学ではホームステイをして英語を話すのが一番良い勉強法だと思います。

 

PR
女性の人生|MY2-Link|驚愕頭部|チャットレディ|PagerankExplore|ショッピングカート設置|スマホアフィリエイト|相互リンク募集サイト|全身脱毛どこがいい|心の童話|保険の仲間.COM|