実際に留学は役に立つのか

留学は、自分の今後のためになるのか。留学なんて意味ないんじゃないか。留学を実際にする人からそういう声をよく聞くことがあります。確かに、今自分の行っている学業や職業などを一旦お休みして、自分の英語力又はその留学先に合った自分の言語の能力だけを信じて海外へ行くわけですから、もちろんこのような不安もあるでしょう。
結論から言うと、海外で学んだことは絶対に無駄にはならないでしょう。この、無駄にならないというのが人によって異なる感覚であるかのようにも感じますが、この無駄というのは、実際に日本に帰ってきて給料が上がらないだとか、そういうことではありません。昇給だけを求めるのであれば留学は絶対にやめた方がいいでしょう。
海外に行った人というのは、例えば企業に就職している人であればその競争意識の激しさ、学生などであればその文化の違いに必ず圧倒されたことでしょう。この競争意識や文化の違いが日本に帰ってきて必ず利点を生みます。
ベンチャー企業と呼ばれている、様々な新しいことに挑戦している企業の社長や社員というのは、海外の文化や競争意識、それに反映している技術などを柔軟に取り入れるために積極的に留学を行っている人が非常に多いです。
1年間などの短期留学では、英語などの外国語がスラスラ喋れるようになる可能性は低いです。ですがそれ以上に海外にある文化を吸収出来る、というのが留学をするにあたって大きな決めてとなり、将来への糧となるのではないでしょうか。